HOME | 院内設備

  

オートレフ ケラトメーター(NIDEK ARK-530A)

眼の屈折(遠視、近視、乱視)を調べ、それをもとに視力検査
を行います。
コンタクトレンズの度数調整にも用います。

ノンコンタクト トノメーター(NIDEK NT-530)

眼圧と言って眼球の内圧を測定する機器です。
緑内障の検査では、必須となります。
眼科検査の中では、視力検査と並んで代表的な検査の1つです。

 

ハンフリーフィールドアナライザー(ZEISS 740)

視野検査を行う機器です。緑内障の視野障害を検出します。

光干渉断層計(OCT) RS-3000 Lite (NIDEK)

肉眼では見えない網膜の断面を観察します。
眼底疾患(網膜、黄斑)のより正確な診断ができます。
緑内障においても視野異常が出現する前に見つけられ、
治療開始時期を遅らせずに対応できます。

レーザー光凝固装置(LUMINEIS ノーバスペクトラ)

糖尿病網膜症や網膜裂孔など眼底疾患に対してレーザー治療を
行う時に使用します。
急性緑内障発作の予防的レーザーも行います。

眼底カメラ(KOWA nonmyd AF) / 画像ファイリング
                                            システム(KOWA VK-2s)

 眼底写真を撮影するとモニター上に映し出されます。
撮影した画像を見せながら説明をしますので、患者様もより病気に対する理解が深まります。過去の画像とも比較出来るため、
治療効果の判定にも有用です。